GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフ場予約

会員登録(無料)するとおトクで便利な機能が使えます

ようこそゲストさん

海外予約(アイスランド)

GDO

MENU

ホーム>ゴルフ場予約>海外予約>アイスランド

日本では味わえない絶景!火と氷の国アイスランドゴルフを体験しよう!!
日本では味わえない絶景!火と氷の国アイスランドゴルフを体験しよう!!

いますぐ行きたい!ツアー申込はコチラ

夏のアイスランドでゴルフ体験ツアー!

夏のアイスランドでゴルフ体験ツアー!

夏のアイスランドは気候が非常に穏やかで過ごしやすい時期です。
アイスランドでゴルフとはなかなかイメージしづらいかもしれませんが、この時期(例年5~9月)にのみオープンするゴルフ場では国際的な大会が行われることもあるほど市民に馴染みのあるスポーツです。
観光だけでなく、アイスランドならではのゴルフ体験をしてはいかがでしょうか?

モデルツアー紹介はコチラ ≫
※ここから先は株式会社ヴァイキングのページへリンクします。

アイスランド最大の白夜の中でのゴルフ大会参戦ツアー!

アイスランド最大の白夜の中でのゴルフ大会参戦ツアー!

★★安心の当社スタッフ同行!日本語でアシストいたします★★

アイスランドのベストシーズンで白夜の中2日にわたりゴルフの競技をやり、アイスランドの大自然の観光もつけた特別ツアーのご紹介です。

ツアー紹介はコチラ ≫
※ここから先は株式会社ヴァイキングのページへリンクします。

アイスランドゴルフの魅力を知る

ゴルフ場とカート

ゴルフ場とカート

18 ホールのゴルフ場が全国で 20 か所ほどあります。レイキャヴィーク滞在の場合、グラファルホルト。ケイリル。コーパル 等のゴルフ場が特に おすすめ。原則カートではなく、キャディーバッグを載せて歩いて運ぶトローリーでのス ルーでのラウンドとなります。

日照と芝生とコースの特徴

日照と芝生とコースの特徴

アイスランドは 12 月には日照時間が 4 時間弱となり、ゴルフのシーズンは 5月から 9月 までとなります。特に 6-7月はほぼ白夜となり、日中仕事を終えたのち、そのままゴルフ場に行き、限られた期間の日照を体一杯浴、享受しながらゴルフを楽しむ市民が多数います。 北極圏に近いゴルフ場ですので、ありのままの自然の中でのゴルフを楽しみます。所によりラフは膝下ほどの深さがあり、粘りの強い草の中から打つこともあります。ラフもフェアウェイもタフな芝生の中ベストグロスを目指します。また、自然の地形をそのまま活か したホールが続きますので、アップダウンを歩きながらのラウンドとなります。

キャディーとメートル表示

キャディーとメートル表示

プレーにはキャディーもフォアキャディーもつきませんので、打球の位置はメンバー同士でボールが止まるまで複数の目で確認し、打つ前に声をかけてロストしそうな場合は必ず打ち直してボールを拾い進行していきます。ゴルフ場でプロビジョナルを打ちながら進めていくのがコツとなります。ラフが思いのほか深くロストするので、ゴルフ場でもボールを買えますが、初めてのゴルフ場ということでボールは多めに持参します。 また、表示はメートル表示となりますので日本から市販のメートル表示ができる計測器を持参するのがお勧めです。

白杭 赤杭 青杭 黄杭

それぞれ設置されてますが、各ゴルフ場の受付やマスター室でローカルルールも確認してプレーします。リプレイスのルールも、コースごと、コンディション次第で決まります ので都度確認してください。ただし、トーナメントや競技ではないので受付での確認事項を踏まえ、お客様同士の間でルールを決めてプレーして頂いて大丈夫です。

競技方法とルール

通常ストロークプレイ。日本のような、ダブルペリア、新ペリア等のルールでのプレーはありません。順位を決める場合、HC 戦ではなくグロスで決めて頂きます。その他、完全ホールアウト。ニアピン。ドラコン。各種“握り”などはプレーの進行に支障が無い範囲で、プレーヤー内での“随意”となります。

風と雨と服装

アイスランドは 1 日で 6 種類の天気が一度に経験できる と言われるほど風が強く天候 が変わりやすい島国です。5-9 月とはいえ、必ず、温かい動きやすいインナー上下に加え、薄手の防寒防水防風のアウターの持参がマストです。夏の最高気温が例年 20 度程度ですが、天気が良く暑い場合は、手軽に脱いでプレーできるよう準備します。レインウェアに加え温かい薄手のインナーを 2 枚重ねで着るのがオススメ。特に9月は昼はゴルフや観光。夜はオーロラが出てくる季節でもあるので、温かい薄手の靴下を 2 枚はき、手袋、ネックウォーマー、耳までカバーできるニット の帽子はマストアイテムです。風が強く気温以上に体感温度で寒く感じることがあり ますので、それに備えた準備を日本から用意していきましょう。

風と雨と服装

アイスランドゴルフ場を知る

アークレイリ・ゴルフコース(Akureyri Golf Course)

アークレイリ・ゴルフコース(Akureyri Golf Course)

アークティック・オープンの開催される歴史あるゴルフ場です。 1935年に設立されたアイスランドの中で2番目に古い歴史あるアークレイリ・ゴルフクラブ。北極圏にほど近いアークレイリでは夏の間のみ白夜で太陽の沈まぬ日が続きます。毎年100名以上のゴルファーが参加するアークティック・オープンというトーナメント、昼夜問わず明るい空の下、世界最北の場所でゴルフを楽しめます。

グラファルホルト・ゴルフクラブ(Grafarholt golf course)

グラファルホルト・ゴルフクラブ(Grafarholt golf course)

アイスランドで最も歴史あるゴルフコース
レイキャヴィーク中心地より東に約10kmのところにあるアイスランドで最も歴史あるゴルフ場。コースデザイナーのニルス・スキョルドが荒々しい地形をうまく活かしたコースになっています。レイキャヴィークの素晴らしい景色を眺めながら素敵なゴルフ体験ができます。

ケイリル・ゴルフコース(Keilir Golf Course)

ケイリル・ゴルフコース(Keilir Golf Course)

自然に囲まれた上級者向けコース
レイキャヴィークからは約10km南。18ホール中のフロントナインは溶岩地帯に囲まれ、バックナインは海に面する素晴らしい景色の元ゴルフを行えるケイリル・ゴルフコース。地形の複雑さから特にフロントナインは力や飛距離よりも高い技術と正確さを求められる上級者向けのコースとなっております。

コルパ・ゴルフコース(Korpa golf course)

コルパ・ゴルフコース(Korpa golf course)

アイスランドの中でも最大規模のゴルフコース。レイキャヴィークの町外れにある比較的大きなゴルフコースです。フロントナインは大西洋の美しい海岸沿いに沿い、レイキャヴィークを象徴するエイシャ山をも臨むことができます。一方でバックナインは場内に流れるコルパ川にそってプレイをする変わったコースです。海や川、木々に囲まれた自然豊かな環境で広々とゴルフをお楽しみいただけます。

ゲイシール・ゴルフコース(Getsir golf course)

ゲイシール・ゴルフコース(Getsir golf course)

間欠泉エリアのほど近い大自然のゴルフ場。2006年にオープンした比較的新しいゲイシール・ゴルフコース。その名の通り、温泉の吹き上がる間欠泉(ゲイシール)エリアに作られ、ゴルフをしながらも温泉の吹き上がる様子をご覧いただけることでしょう。L字型のコースでは川が流れており、毎ホールその姿を横目に見ながらゴルフをすることができます。

ウェストマン諸島・ゴルフコース(Vestmann island golf course)

ウェストマン諸島・ゴルフコース(Vestmann island golf course)

かつての火山エリアに作られたゴルフコース。
ウェストマン諸島ゴルフコースはアイスランドで3番目に古く、1938年に作られた歴史あるコースです。1973年には壊滅的な火山に見舞われながらも数年をかけ、火山灰を取り除き、新しいゴルフ場へ生まれ変わりました。古くからあるコースを利用しつつ、一方は大西洋を望め、もう一方は荒々しい海岸にコースが設けられ、思わずプレイを忘れるほどの美しい景色に出会うことができるでしょう。

基本情報

アイスランドってどんなところ? アイスランドは北海道の約1.2倍の面積を持つヨーロッパの島国。首都としては最北に位置するレイキャヴィークでは人口の約2/3の人々が暮らし、世界一安全な国として知られています。北極圏に近く、オーロラが見れることでも知られていますが、冬でもそこまで寒くなく年間を通じさまざまな自然景勝地の観光をお楽しみいただけます。 アイスランドってどんなところ? アイスランドは北海道の約1.2倍の面積を持つヨーロッパの島国。首都としては最北に位置するレイキャヴィークでは人口の約2/3の人々が暮らし、世界一安全な国として知られています。北極圏に近く、オーロラが見れることでも知られていますが、冬でもそこまで寒くなく年間を通じさまざまな自然景勝地の観光をお楽しみいただけます。

概要

面積
約103,000平方キロメートル
人口
約33万人
日本との時差
9時間(サマータイム導入なし)
言語
アイスランド語。英語、デンマーク語が学校の必須科目のため広く通用している。
通貨
アイスランドクローネ(kr/ISK)1クローネ=1.1円(2017年5月現在)
電圧
220V・50Hz。日本とは電圧が異なるため、変圧器の持参が必要です。

気候

白夜と極夜
アイスランドに対する誤解のひとつは、アイスランドが北極圏にあるということです。アイスランドは北極圏より南に位置し、いわゆる「沈まない太陽」は最北端の島グリムセイで夏の一時期観測できるだけですが、北極圏に近い国であるので遅くまで夜が更けない「白夜」の季節を楽しめます。逆に、冬季の北極圏では太陽が昇らない季節「極夜」がありますが、アイスランドは北極圏にないので極夜もありません。首都レイキャヴィークでは一番日の短い冬至のころで日昇は10時45分頃、日没は15時45分頃です。
年間平均気温
約4.0℃ ※夏場の平均気温は約10℃前後
降水量
年間降水量 約800mm
平均気温グラフ
降水量グラフ

平均気温(℃)

  • アイスランド年間平均気温 4℃
  • 東京年間平均気温 15.9℃

降水量(mm)

  • アイスランド年間降水量 800mm
  • 東京年間降水量1466.7mm

交通

飛行機
日本からの直行便は運航していないため、乗り換えが必要です。デンマークやフィンランドを経由するルートが一般的。
上期では、JALのヘルシンキ線からアイスランド航空便に接続してアイスランドに入るのが最短最速で成田からケフラビクまで14時間半で到着します。
電車
レイキャヴィークのみならず、アイスランド全土に鉄道網はありません。
タクシー
個人旅行の定番の移動手段ですが、東京のように至る所でタクシーを見かけることは少なく、ホテルや観光案内所などで事前に呼んでおく必要があります。他のヨーロッパのように流しのタクシーは少ないため、比較的安全に利用出来る点では個人旅行のおすすめ手段といえます。
バス
黄色い車体の市バスが運行していますが、ルートが少し複雑で行き先を見ただけでは目的地へ行けるか判断しづらいため、初めての滞在での交通手段としてはおすすめでありません。レイキャヴィークウェルカムカードを購入すると市内バスの乗り放題に加え、指定博物館や一部プールの入場が出来ます。
レンタカー
レイキャヴィーク市内の観光のみであれば不要ですが、郊外へお出かけする場合には便利。アイスランドでは海岸沿いを走ることが多いのですが、時折風が強く吹くため4WD以上の大型のカーレンタルがおすすめです。アイスランド国内を1周できる大きな1号線でも道幅が狭くなる場所があるため、対向車とすれ違う際には要注意。

グルメ情報

アイスランドと言ったらコレ!アイスランドのグルメ紹介 アイスランドと言ったらコレ!アイスランドのグルメ紹介

ラム肉

ラム肉

アイスランドでは人よりも羊が多く、国内でもラム肉(羊肉)が多く食べられています。
アイスランドのラムは臭みがなく、食べやすいことが特徴です。ラム肉のステーキやスープに入れるなどさまざまな調理法で親しまれています。

手長海老

手長海老

アイスランドの水産物として特に有名なのはスカンピ(手長エビ)。実がぎっしりつまって甘さが引き立ち、素材の良さをご堪能いただけます。ただシンプルにグリルされているだけでも美味。

ホットドッグ

ホットドッグ

食事も含め全体的に物価の高いアイスランド。そんな環境の下でファストフードが流行し、中でもホットドッグは手軽に食べられる美味しい食事として大変人気です。トッピングのフライドオニオンを乗せるのがおすすめです。

スキール

スキール

アイスランド産のヨーグルトで厳密にはチーズの一種。非常に濃厚で、最近ではイチゴやバニラなど予め味のついたスキールが販売され、幅広い世代に親しまれる国民食となっています。

アイスランドの観光

ゴルフ以外も楽しもう!イチオシ観光スポット紹介 ゴルフ以外も楽しもう!イチオシ観光スポット紹介

ハットルグリムスキルキャ教会

ハットルグリムスキルキャ教会

レイキャヴィークのシンボル的存在の教会。内部にはステンレスのパイプオルガンがあり、運が良ければ美しい音色を聞けるかもしれません。エレベーターでタワーの上階へ登ればレイキャヴィークの町並みが一望できます。

ブルーラグーン

ブルーラグーン

世界最大の露天温泉・ブルーラグーン。乳白色の温泉は38℃前後でゆっくり浸かるには適した温度です。どなたでも無料でご利用いただける泥パック(シリカ)を顔や体に塗って、きれいになりましょう。

ストロックル間欠泉

ストロックル間欠泉

アイスランドの人気観光地・ゴールデンサークルの一部に含まれる温泉の吹き上げる間欠泉。周囲は温泉の硫黄成分のにおいに包まれています。現在活発に活動するストロックル間欠泉は5~10分置きに空高くまで吹き上がる圧巻の様子を間近でご覧いただけます。

セリャラントスフォス

セリャラントスフォス

南海岸の見どころの一つ、セリャラントスフォス。切り立った崖から流れ出る水量は水しぶきを高くまで上げ、冬は歩道が凍ってしまうほどのしぶきをあげています。滝の裏側に入ることの出来る珍しい地形をしており、表から見る姿とはまた違った魅力を感じていただけます。

ヨークルスアゥルロゥン湖

ヨークルスアゥルロゥン湖

ヨーロッパ最大の氷河。ヴァトナヨークトルから流れ出た氷水で出来上がった氷河湖。大小さまざまな氷山が湖に浮かび、夏の時期にはボートクルーズをお楽しみいただけます。

フーサヴィーク

フーサヴィーク

北の小さな港町・フーサヴィークは漁業の町として古くから栄えています。いろんな野生生物を目にできるアイスランドですが、中でもフーサヴィークはホエールウォッチングの聖地として有名です。ザトウクジラや珍しいシロナガスクジラを目撃することも。

観光に関する問い合わせ・ツアー
お申込はコチラ ≫
※ここから先は株式会社ヴァイキングのページへリンクします。

ゴルフ場一覧
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス