GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフ場予約

ようこそ ゲスト さん

私のゴルフライフ Vol.4 女性だけのチームスクランブル戦に参加! ~前回のリベンジをかけて~ | 女性ゴルファーのためのゴルフ場探し レディスゴルフ・ナビ

ホーム>ゴルフ場予約>キャンペーン&特集>女性ゴルファーのためのゴルフ場探し レディスゴルフ・ナビ>私のゴルフライフ Vol.4 女性だけのチームスクランブル戦に参加!

私のゴルフライフ Vol.4 女性だけのチームスクランブル戦に参加! ~前回のリベンジをかけて~

会場
: 鳩山カントリークラブ(埼玉県)
開催日
: 2016年11月22日(火)

前回の「アマチュア戦」に女子だけで出た結果、すっかり敗北。(前回の記事は、こちらを読んでね♡)
それがきっかけになって、あのチーム戦の楽しさをみんなに伝えたい!
しかも、女性に!という思いを語っていたら、ある日、打ち合わせの後。
「森下さん、残って下さい」と、GDO松原さん。
トーナメント担当のGDO行木さんが待ち構える会議室に席を移し、なにやら緊迫した雰囲気。

「やりますか?チーム戦」
でも、女性だけ集めるって大変じゃん!って気持ちが首をすぐには振れないでいると。
「どうしましょう?」
ファイナルアンサー…、行木さんが一瞬、みのさんに見えたりして。
「…やっちゃいましょう!」

私の決意表明を待っていたかのように、日程、場所などさらさら決まり、後日、出来ました!と送られてきたチーム募集のWEBページ。
やるしかないでしょ、という嬉しさと半面、本当に人が集まってくれてるのか、不安で仕方ない日々。
あぁ、大丈夫かな…というわけで、今回は、
「ついにリベンジ!やっちゃいました女性だけのチームスクランブル編」です。

(※特に熱いので、取り扱い注意です。)

正直、プライベートですら女性4人集めることは簡単ではないと思います。
自己発生的に女性4人集まっちゃいました、って今でこそあるけど、始めた頃は、ほぼなかったかな。ある時は奇跡的な扱いだったし。
腕前はもちろん、自分でゴルフ場にたどり着けることや支払い能力、平日休める職種であるかどうかということ、そして、なんといっても、情熱!
連れて行ってもらえるから行く、ではなく、行きたいから行く!という意志がなければ、特に試合になんて出ようと思ってもらえるはずないですよね。
(男性4人でも試合に出るのは日程を合わせるのは大変だとのちに会場で聞きました。)

webでの募集が始まって一ヶ月後、数組しか集まっていないと聞き、顔面蒼白。チーム参加でなくてもエントリーできるように工夫をしたり、微力ですがツイッターなどで告知したりしていましたが、本当に毎日歯がゆくて、しまいには、私ができることは練習だと、近所のゴルフスクールに通い始め、毎日のようにボールを打つ生活。

あぁ、どうしよう。と、ごめんなさいって、ずっと思ってました。
じゃあ、なんでスクランブルやろうなんて言っちゃったのかって。

それは、単純に楽しくて、「自分だけではでないスコアが出る」からです。
スコアと書いてしまうと、なんだかなと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ゴルフの中身がガラリと変わることの意味も含んでいます。
チームスクランブルでは、4人で打ったボールのうち、ベストボールを選択し、その地点からまた4人で打っていきます。
つまり、
ティーショットも4回。
セカンドも4回。
パターも4回。
なので、いいショットが出る確率がぐんと上がる!バーディーも狙っていける!で、結果、スコアも良くなる。(数字は小さい方が嬉しいのは、本音♡)
絶対に、自分一人ではありえないゴルフになるのです。

そして、何よりチームワークと作戦会議がとても楽しい。
一人でもコースマネージメントを行いますが、チームスクランブルでは打つ順番から攻め方、狙い方、細かく相談することがいっぱい出てきます。
例えば、
セカンド地点から残り距離180ヤード。
これを乗せようと思うと、よっぽどライが良くて、ピンの位置が良くて、周囲にバンカーがなくて…と条件が出てきますが、4人いるので誰かが手前に刻み、安心を確保したところで、パーオンを狙っていけたりするのです。
で、またそこで失敗しちゃったりするとプレッシャーがかかり、そんな場面でナイスショット出たりると嬉しさがいつもの倍以上。
状況だけでなく、こういうプレッシャーがかかるゴルフって、一人じゃ味わえないのです。
自分一人よりも絶対うまくいくしゴルフが楽しくなる。
ゴルフ初心者でも上級者でも、分け隔てなく楽しめるところも大好き。
スクランブルがもっと流行ってほしい!!!

最近はワールドカップで、松山選手と石川選手がタッグを組んだとニュースになっていましたね。あれはペア戦ですが、一人じゃないゴルフがあるんだってことが、もっと話題になってほしいな。

そんな熱い気持ちで迎えた当日、朝5時。
小雨の降る中、迎えに来てくれたみんなの顔が何ヶ月も前と変わらわないのに、新鮮な気持ち。これから楽しいことが始まる予感を胸に車に乗り込み、一路、今日の対決の場、いざ鳩山カントリーへ!!
まだ寒々しい空を見ながら、車中で松原さんが、「もう冬ですね」とポツリつぶやいて、ああ、本当にこれが今年参加する、最後の大きなイベントになるのだなと実感していました。
6時前。ゆっくりと朝が明けてくる中、我々はコンビニの駐車場でテレビを見ながら、購入した肉まんとコーヒーというミスマッチを食していると、東北で地震が起きたというニュースが舞い込んできました。
津波の危険性があるから逃げてくださいと、必死にアナウンサーが叫んでいて、これからゴルフの私たちはそことはとても別世界にいるみたいで、ゴルフやっていいのかな、と少し戸惑う気持ちになりました。

ゴルフ場に着くと、普段と変わらず平和な空気。
一番乗り!と思いきや、続々とみんな到着です。
いつもお願いしているメイクさんやGDOのスタッフさん、競技委員のみんな。
今回の企画のために力を貸してくれていると思うと、早起きですみません!と恐縮します。
しかも今回、参加賞に出すボールには、なんと私の顔入り!
これ、人生初です。すっごく嬉しい。ぜひ、追加で自分用にも作ってもうらうようお願いしたいところです。もらった方、ぜひ愛情込めて、打ってくださいね。笑。

控え室から雨の止んだ空を見ていると、深い霧が経ち煙っていくのが見えました。これは温度が上昇するから霧が出るらしく、いまいち信じられないでいた最高気温20℃という天気予報にも信憑性が出てきて、少しホッとしましたが、それはそれで暑すぎる!

起きた体を起こしに練習場に行くと人で溢れていて、並びで座席が空いてない。
どうしよう、と困っていたら、「あ、ここどうぞ」だなんて、気を遣って空席横の男性が開けてくれた!ラッキー!!これだから、女はやめられない。笑。
でも、ショットは男並みにタフに振りますよ!にひひ。

次第に、女性チームが続々と出現!
こんなにレンジが女性で埋め尽くされてるのって、初めて見る…と、ちょっとばかり、いや、かなり興奮。みんなで写真撮ってはしゃいじゃいました。
他のチームのウェアやクラブを横目でチェック。
げげげ、あのチーム強そう…。
見た目に気圧されちゃダメと分かっているけど、ただならぬ気配。
なぜ、わかってしまうのだろうか分からないけど、あの人たち、上手に決まっている…。伝え聞いたところによると、睨んだとおり、今回の優勝候補、鳩山カントリーのキャディーさんチームだった!
コースも知り尽くしてるだろうし、とさらにビビりながらスタートホールへ。

すっかり、見慣れた旗の前で記念写真。
こうして、また再びみんなでラウンドできて、純粋に嬉しい!
前に並んだ時とは、季節も変わり、ウェアもガラリと様変わり。セーターにタートネルネックを合わせるのが今年の流行りということで、今回のウェアは全部、キャロウェイ
スカートは薄い中綿が入っていて、軽くて暖かい。パンツもとても暖かいそうで、これだけライン綺麗なら欲しいなぁと、しげしげ見てました。
さらに、頭寒足熱ということで差し色にピンクのニット帽を着用。
 このチームメンバーはアスリート思考なので、冬はいつもキャップに耳当てというスタイルらしく、慣れないニット帽で散々悩み、見た目の可愛さ重視で髪の毛をおろすことになったのですが、チームメンバーの松原さんは何度もかぶり直してました。W

驚くほどの快晴。
早速のパー発進。
今日こそ優勝!と意気揚々としているのもあっけなく、2番のショートホールでは、グリーン左手前の2つのバンカーに全員が捕まる始末。雨あがりのバンカーは、水を含んだおかげできっちり硬くなり、一番近いボールを選んだものの、ダフリ、トップからのホームランと悪いものを全て出し切った結果、グリーンに誰も乗せることができず仕舞い。挙句、アプローチも寄らずで、パットを外し、まさかのボギー。
そのままボギーが続く。
まさかの3連続ボギーに、焦りが隠せない。
前回の6アンダーを意識しているせいか、久しぶりに会ったせいなのか、カメラが入っているせいか…それとも他に何か違う原因があるのか、なぜかぎこちない雰囲気。
少しでもバディーチャンスにつけたくて、とにかく飛んだティーショットを採用し狙っていくけど、こういう時に限って、パターが入らなかったり…。

暗雲立ち込める空気感とは裏腹に、天気予報通り気温はぐんぐん上昇。
この日の最高気温20℃。
眩しい太陽が照りつける中、口数が少なくなりかけた時、
「ニット帽、脱ぎませんか?」
その言葉でハッとしました。私は、暑くなって、熱くなりすぎていたと。
写真のことを考えて可愛く作っていたけど、そんな柄じゃないと、いつも通りのスタイルに変身。
髪を縛って、バッグにつけていたバイザーをつける。
首のあたりが涼しくなって、快適。
ああ、これこれ。これだったかも!

そう感じた次のホールで、早速バーディー!笑。
さっきまでのニット帽での可愛いゴルフとは大違いのショットに、ロングパットが見事に決まりました。
ここから、なんと5連続バーディー。
信じられない!
さっきまでがなんでうまくいかなかったのだろうかと思うほど、完全に波に乗っちゃってる状態です。
冷静に見れば、みんな前回よりショットの精度が全体的に上がっていて、パーオンも成功して、長いパットが決まる!
しかも、ほぼ最初の松原さんが沈めてくれるから、最後の松岡さんはパターカバー外さないでいたほど。
流れっていうけど、これってそういうこと?
やっぱ、それぞれのキャラってあるなと確信しつつ、スコアカードの3ボギー、5バディーを見て、ニヤニヤしながら、前半、2アンダーで折り返す。

では、ここで今回、参加してくれたチームを紹介したいと思います。

san's

私たちのすぐ後ろの組からは、絶えず笑い声。こちらもGDOさんからの参加です。
すぐ後ろの組だったので、「ファー」が聞こえた時は、ちょっと安心しちゃいました。(ごめんなさい・笑)
朝会った時に、ウェアがキャロウェイ同士だと言ったらば、
「こっちは、アウトレット組です」だって。おしゃべりもゴルフも上級者。笑。
それにしても、小物までコーディネートがまとまっていますね。

芝姫☆golsisters

こちらのみんなはゴルフを通じて、仲良くなった組。
ゴルフが好きな人たちが集まって、こうやってチーム戦に出るって、いわば、私の理想系♡
色の振り分けも、もめることなく、すんなり行ったそうで、笑
チームにも品があって、コメントもさらっとしていて、普段からスマートなゴルフライフを過ごしていそうな雰囲気がありました。

秘密戦隊ゴレンジャー

エントリーした時から、チーム名の「ゴレンジャー」の注目していましたが、なんと本当にゴレンジャーで参上!
あれ?ピンクは?と一旦、思うかもしれませんが、なんと鳩山のキャディーさんの制服は全身、ピンク。つまり、ゴレンジャー!!!
ちゃんとそこまで考えてコーディネートしてるのって、細かさが女性ならではだなと感心していました。この感じ、チーム戦ならではですよね。

遠くから見ても、目立つ!!
次はコスプレ大会も面白そう!とか、想像が膨らんじゃって、ずっとニヤニヤしてました。

チーム凛

三人でも参加してくれました!実は、私の友達チーム。
カジュアルな雰囲気で、ここ埼玉だったっけ?と思いたくなるおしゃれ感。
朝の地震の影響で電車が遅れてしまったのに、めげるどころか心から楽しんでくれているのが伝わってきて、ホッとしました。
自分ではでないスコアが出た!と一番喜んでいてくれたのが、このチーム。
最初は試合という名前に戸惑っていたそうだけど、みじんも感じさせないほど、楽しんでくれていました。こういうチームが増えてくれたら、もっとゴルフが身近になるのにな。

Fantastic Four

お待たせしました!優勝候補。
この、「上手です」っていうオーラは歩いた後にも漂っていました。
トリコロールで統一しながら少しずつ個性出しているコーディネートが、上級者って雰囲気を醸し出していますね。

ピンクの制服をひとたび脱ぐとこのスイング。
キャディーさんのイメージがすっかり変わりました!

それにしても、チームで集まるとそれぞれにいろんな個性があって、見ているだけでも楽しくて、ちょっとお祭りみたい。
レストランに入っても、ずっと気になって、ホールアウトしてくる様子をじっと見ていました。

そうそう、前回の反省を生かし、ランチは軽めにしましたよ。
(と言いつつ、みんなカレーを頼んでいたけど)

後半に行く前、
確認したら2アンダーで並んでいるのが優勝候補チームらしく、その意外さにいけるんじゃないかと期待に胸が高まります。
この後は、後続組のスコアがわからないので、ただ必死に一つでも縮めたいと言う想いだけをボールに込めて、ショットするだけしかできない。
まるで競馬の先行馬になった気分。
後ろから来る足音をどこかで意識しながら、鼻息荒く、後半の始まりです!

後半は、まだノルマが残っている旗さんと松原さんのティーショットを積極的に採用しなければいけません。
すでに、ノルマを達成している私と松岡さんは、もうドライバーいらないよね、と笑いながら待っていると、旗さん、ナイスショット!
よかった、と安心するにはまだ早く、これを続けなければいけない。
それなのに、鳩山カントリーは本当の顔を見せてきたかのように、後半は距離も長く池やバンカーも巧みに配置されていて、私たちは次第に必死の顔に変えさせられていたのです。
パーを取るのが精一杯。きっと誰もがそう思った。
流れを変えるどころでなく、着実にチャンスを拾っていくだけに集中せざるをえない。ティーショットは悪くないけど、大事なところでパットをはずして、結局スコアが伸ばせないまま。

正直、前回と比べちゃって、どうしてこんなにうまくいかないんだろうって思っていました。前はこうだった、ああだったと考え出したらキリがないのをわかっていても、どうしても前回の6アンダーを超えたかったし、優勝したかった。
ただ不思議なことに、今日のラウンドで、ここでこうしていたらという後悔の気持ちは浮かんでこなかったことを思うと、私は前回の自分たちを超えたかったのかもしれない。
練習したし、せっかくリベンジさせてもらえる機会が与えられたのだからと。
もうダメかもしれないって思った時こそ、ただ目の前のこの一打に集中しなきゃ!
ちょっとでもいいところに打ちたい。
バトンをつなげるために、いいところに打ちたい。
一人の時はあんなにいいショットを打ちたいって思うのに、今は自然と謙虚に思えてくる。
大して球数打ってないし、体力も残っているはずなのに、ミスショットが続いて、やらなきゃ!って気合いが空回りさせているのがよくわかる。
それが、本当に悔しい!
何も練習、生かせてないじゃん!
どんなショットでもいいから、いいところに、可能性のある場所へ飛んでいけー!

あと、残り数ホール。
自分で回るラウンドと、「あっという間」感が全然違って、丁寧にプレイしているせいか何番にいるのか理解もできているし、スコアもきっちりわかっている、その中で、やり足りない気持ちが渦巻いている。
4人分の感情がそこにはあって、気がついたら、悔しさも嬉しさもいつもの何倍にも膨らんでいた。
ひとりじゃないゴルフ。
スポーツが少しゲームみたいで身近に感じられる瞬間だった。
打つだけのゴルフじゃなくて、きっとプロってこんな風に回っているのかなって感じれた。

18番。
ティーショット、3人、みんなナイスショット!
一番、飛んだかも!ってくらいいいショットの後、締めに、期待の松岡さんが、まさかのミスショット。
「うそでしょー、ウケる〜!!」
って思わず、笑っちゃったら、すっごい恥ずかしそうな顔して笑っていたけど、事切れたってことだなって感じがした。
一番、上手だから、プレッシャーかかるショットを何度も決めてくれてたしね。
結局、最後のパットを外し、2ボギー、1バーディーで1アンダー。
これって、負けるパターンでは?と不穏な空気を提げながら、クラブハウスまで戻ってくると、早速アテスト。
間違いがないようにスコアカードをチェックして提出。最初の組だから、あとはひたすら待つだけなのが、じれったい。

次の組がホールアウトしてくるのを、アテスト会場で待ち伏せながら、そわそわ。こういう時って、うまくいったか、空気感で端から見ててもわかるよね。
「楽しかったです!」
「あの、スコアは?」
と、楽しさよりもすっかりスコアが気になる私。思わず、躙り寄る。
「や、そんなに良くなかったでんですよ」
「でも、凄い笑ってるのが遠くから見えたんですよ」
「本当に楽しかったんです」
イベント企画者としては嬉しいコメントなのですが、勝ちたい気持ちのせいで穏やかにいられない。
どこかで負けているんじゃないかって感じてはいるのだけど、数字を聞くまでは信じたくない。
信じたら、負けちゃう気がする。もうホールアウトしてるんだけどね。笑

次々と、ホールアウトしてくる後続組。
上がってきた時の表情でよかったのが伝わってくる。
「お疲れ様です」
いよいよ、鳩山キャディーチームがホールアウト。
ああ、顔にいいスコアって書いてる。
「お疲れ様です、どうでした?」
「や、結構叩いちゃったりして」
「って、そんな笑顔で信じませんよ。優等生が勉強してないって言ってたのに、テストでいい点とるやつじゃないですか?」
「後半は結構、波があったんですよね。そちらこそ、5連続バーディーって聞いて焦りましたよ」
「5バーディーだけど3ボギーなので、折り返しスコア一緒なんです」
やいのやいのやっていると、競技委員さんがスコアボードに名前を張り出しに来ました。(これが紙で、またほっこりするんだな。)

みんなのリアクションでわかるように、私たちの負け。
しかも、3打差。前半同じだったのに!
何がこんなに違ったのかと尋ねたところ、やはり後半は距離が長いのを知っていて、前半はティーショットの飛距離が飛ばない人を多く採用していたそう。
飛距離は関係ないっていうけど、やっぱりチャンスが増えるよね。
何と言っても、コースを知っているかってすごく大事なポイントなんだなあ。

それと、ふと気がついたことがあって、どこかではみんな必死なんだろうなって感じたの。
どんな素晴らしい作戦立てても、必死にやっていないと成功しないはずですよね、きっと。
そう思うと、どこかで耐えないといけなくて、どこかで伸ばさないといけない。
私たちは、伸ばすところ、伸ばしきれてなかったもんな…。
ああ、簡単じゃないなあ、本当。そこが好きなんだけど。笑

私たちにも、今日というドラマがあるように、他のチームにもドラマがある。
悔しい思いとか、嬉しい気持ちとか、全部含めて、スコアになって張り出されている。

まったく初めましての中でも、チーム戦やったら仲良くなれちゃうんじゃないかな?それとも、喧嘩しちゃったり?
どちらにしても、真剣な気持ちがみんなをつなげてくれると信じています。

こんな上手なキャディーさんがついてくれたら、ゴルフがもっと楽しくなりそう!(鳩山CCでラウンドするときは、ぜひこの4人について欲しいです!)
キャロウェイさんから優勝チームにと、今、私の着ているセーターをプレゼントしていただきました。(私たちが優勝していたら、かぶっちゃう…その時はワガママ言って交換してもらうつもりだったのに。笑)
この白くまを着て、次のチームスクランブルも勝ち進んでほしいです。
女性だけのチームがどこまで進んでいけるのか、すごく気になるし、応援してます。優勝、おめでとうございます!!

楽しそう、という気持ちからチーム戦に出てみたらすっかり楽しくて、今回こういう場を作ってもらえてとても光栄に感じています。

正直、今年一年を通じて、ゴルフをやることはとても難しいなと感じる時もありました。
お金も時間もかかるし、車は必要だし、朝早めに起きてレンタカーを借りて行く時は、なんでここまで?って思う時もある。
友達からの夜ご飯を断って一人で練習しているときは、行けばよかったと後悔する時もあるし、ゴルフの前の日は早起きが気になってお酒も飲まないで、楽しそうなみんなを置いて先に帰るとき、自分はなんてつまらないんだろうって思う時もある。
けれど、次の日のゴルフ場に来ちゃえば、そんな気持ちが全て吹き飛んじゃうんだよね。
皆さんも、きっとそうでしょう?
自分の努力が結果に結びつくところが、私は大好きで気がついたら10年。
本気で辞めようと思ったこともあったけど、引き止められているかのような出来事があったおかげで続くことができ、むしろ、ちゃんとやりたいという気持ちが固まり、今年はGDOさんのおかげで、アンバサダー企画や今回の女性だけのチームスクランブル戦など、自分の「好き」を形にすることができてとても嬉しく思っています。
特に、今回は地震が起きた中でも開催することができて、こうやってゴルフをできる環境であることを、改めて、ありがたいと感謝しています。
世界が平和でなければ、ゴルフもしていられませんもんね!

ゴルフはひとりで行うスポーツです。
でも、みんなで行うスポーツでもあります。

なので、いっそ、みんなの力を借りて、もっと楽しいゴルフができたらいいなという願いもこもった今回のチーム戦。
評判はすこぶる良く、楽しかった!の声。
もちろん、規模を大きくしていくのには課題があるけれど、まずは楽しいって純粋に思ってもらえたことが今回の大きな収穫でした。
帰りの車でも、参加してくださった方が楽しそうだったからよかった…から始まり、あのチームはこうだった、どうだったと、まるで昔から知っている友達のことを話しているような雰囲気。
こうやって、ゴルフを通じて輪ができるのだと、幸せを噛みしめてました。

今後?
もちろん、継続です!(GDOさん、よろしくお願いします・笑)
女性にとって、もっとゴルフがしやすい環境を作りたい!っていうと、政治家さんのコメントみたいになってしまいますが、笑。
単純に女性のゴルフ友達をもっと増やしたいのが、本音です。
ウェア、どこに買ってる?とか、こういう時、どうやってスコアメイクしてる?とか、話したいこと、いっぱいあるんです!
そのために今後も女性向けのイベントが企画できるように、仕事もスコアもSNSも精進していきたいなと思っております。
なので、今、読んでいる女性の方はぜひ次は参加してくださいね!(涙)
そして、男性の方はゴルフをするお友達に、こんな企画があるんだってお知らせしていただけると助かります。

練習は地味だし、すぐ上手にならないし、面倒なこともあるけれど、いいショットが出たら飛び上がるほど嬉しいし、失敗すると涙が出るほど悔しくて、スコアが良いと明日もまた来たくなる。スコアが悪いとリベンジしたくなって、気がついたら練習している。とても心を揺さぶれるスポーツです。
ゴルフ人口が減っているという悲しいニュースを聞き、胸を痛めている場合ではなく、私がおばあちゃんになった時も一緒にゴルフをしてくれる仲間が欲しいと切に願っています。

この「好き」がもっと多くの人に伝わりますように。
そのためにも、頑張ります。
そして、これからもよろしくお願いします!

【参加したトーナメント】 >>GDOアマチュアゴルフトーナメント2016 チームスクランブル戦
※そのほか、シングルス戦、ペア戦もございます。
【ウェア協賛】 >>キャロウェイアパレル
【撮影】 カメラマン:中野 義昌

Ladies Golf navi トップ

Style-Woman

通販ショッピング ゴルフショップ

ページの先頭へ

ゴルフ場一覧
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス