【ただはるのFINESHOT in TAIWAN】台南シティからわずか30分!アクセス抜群の箱庭コース 台南高爾夫俱樂部「台南ゴルフ場」

皆さんがプレーをするゴルフ場を決める大きな要因は何ですか?

ちなみに1位は料金、2位はアクセスだそうです(GDO調べ)。

今回紹介するのは、その1位と2位に当てはまる台南の人気コース、「台南ゴルフ場」です。

OUT 5番 210ヤード Par 3

花道が広い距離のあるショートホール。ホワイトティーで200ヤード越えです。アイアンでは乗りそうもないタフなホールですね。

OUT 7番 410ヤード Par 4

1打目は打ち上げで、2打目は打ち下ろしの距離のあるミドルホール。グリーン奥が池なので手前から攻めてください。

OUT 9番 340ヤード Par 4

フェアウェイ真ん中の木が、「ザ・ナショナルカントリー倶楽部 千葉(旧 千葉廣済堂)」を彷彿させるホール。
廣済堂より大きくありませんが、やはり気になる木ですね(笑)。

IN 13番 185ヤード Par 3

豪快な打ち下ろしのショートホール。グリーンが大きいので端に乗ったら簡単に3パットしちゃいそうですね。

IN 14番 275ヤード Par 4

グリーン横の赤い橋が目印のミドルホール。ちなみに台南ゴルフクラブは開場が1976年(昭和51年)ですが、日本のゴルフ場でも昭和40~55年にかけて赤い橋が流行した時期がありました。皆さんもゴルフをしている時に赤い橋が鎮座していたらゴルフ場の開場時期を調べてみてください。ちょっと通ぽいでしょう。

    tadaharuレフティただはる(江ヶ崎忠晴)

    投稿者の過去記事

    ここ10年の年間平均スコアが88の永遠のシングルプレーヤー予備軍。ベストハーフ35、ベストスコア73(2017年5月更新)だが、ここ数年は70台は年に1回でればいいほど。プレーも大好きだが、コース撮影をしながらラウンドすることに執念を燃やし 台湾、タイ、カンボジア、シンガポールなどアジアを中心に日本国内外970コース以上をラウンド。思い起こせば25歳の時に、オーストラリアにワーキングホリデーで留学をして35コース制覇。これがコース制覇の原点である。ジャック・ニクラス、ロバート・トレントジョーンズJR、井上誠一など名設計家は勿論、赤星四朗、六郎、富澤誠造、加藤俊輔等地域に密着した設計者にも造詣が深い。モットーは名門コースだけでなくあらゆるコースをラウンドすること。ユーザー視点からコースを見る目だけは誰にも負けない。※2018年7月7日現在、ラウンド数971コースを達成。2020年までに日本1,000コース(後108)海外100コース(後21)達成に向けて日々精進中

      人気記事

      1. 強く美しい女子プロ達の華麗なる戦いに、19~20歳の「黄金世代」の活躍がさらに刺激となり、更…
      2. 台湾の観光スポットと言えば、皆さんは何を連想しますか?「千と千尋の神隠し」のモデルとなった九…
      3. 台南市、高雄市から行けるおすすめゴルフ場を紹介します。今回紹介するコースは全てリアルタイ…

      アーカイブ

      PAGE TOP